77月/15Off

プリザーブドフラワーで室内を涼しく見せよう!

夏になると日差しが強くなって涼しい場所を求めたくなるものですが、何か涼しく見せる方法は無いものなのでしょうか?
青いものを取り入れて部屋に飾って涼しさを出している人もいるみたいだけれども、プリザーブドフラワーに頼ってみてはどうでしょう。
プリザーブドフラワーは生花にはない色のお花がありますし、ブルーローズなどが豊富に用意されていますから、飾ってみて下さい。
もともと出来ているものを購入するのでも良いですし、花材を購入して自分の手で青をメインとしたプリザーブドフラワーを作ってみるというのもまた楽しくて良いのではないかと思うのです。
青いお花は生花ではなかなかお目にかかることが出来ませんので、ぜひ通販サイトなどで検索をして調べてみて下さいね。
お花の色だけではなくて、入れ物やデザインにもこだわって探してみると尚良いと思いますのでオススメです。


-プリザーブドフラワーはお水と直射日光がダメ!-

本来ならお花は日差しに当てて栄養を与えるのが一般的ですが、こちらのお花はお水と直射日光に弱いので避ける必要があります。
日陰に飾ることが必須なので、夏場のお手入れはやや大変になってしまうかもしれませんが、涼しい場所にお花が置いてあるというのも何だか不思議な感じがして良いですよね。
プリザーブドフラワーと言いましても生きているお花ですから、きちんと気にかけて面倒を見てあげるのがベストです。
クーラーなどを利用する際は設定温度と風向きに注意をしながら使うようにする必要がありますので、プリザーブドフラワーの置く場所も考えた方が良さそうです。
ただ、青をメインとしたプリザーブドフラワーを飾ることで、クーラーの設定温度をやや高く設定しても涼しく感じられるかもしれませんからおすすめです。


-冬のお花を飾ってみる?-

夏にあえて冬のお花を飾ってみるという事を試している人達もいるみたいですが、確かにそれも良いアイデアかもしれません。
ひまわりを飾るのも夏っぽくて良いのですが、あえて冬のお花を飾ることで体感温度を少しだけ下げることも出来るかもしれないので、何か飾ってみるのも良さそうです。
外との温度差を5度以内に保ちながらクーラーを設定することが良いので、一度試してみてはいかがでしょうか?
プリザーブドフラワーはお手頃な物から少々値が張るものまでありますから、自宅の雰囲気に合ったものを選ぶようにして下さいね!
良いプリザーブドフラワーを見つけることが出来なかったら、自分で作ってしまうという手もあります。
自分で作った方が色々なアレンジを加えることが出来るため、より部屋を涼しくさせてくれるようなプリザーブドフラワーが作れるかもしれませんよ。