52月/14Off

プリザーブドフラワーを結婚祝いに贈ろう

プリザーブドフラワーほど結婚祝いに相応しい贈り物はないと、個人的に思っています。
その理由は以下の通り。


プリザーブドフラワーは枯れない

永遠に枯れないわけではないですが、少なくとも2~3年、凄い時には10年近く咲き続けるのです。しかもお水や日光は「あげなくていい」ではなく「あげちゃダメ」なので、お世話をする必要もない。
あっという間に枯れてしまう生花は、新しい門出を迎えた2人に贈るには何だか憚られるような気がしますし、ただでさえ新婚さんたちは何かと慌ただしいものです。結婚式を挙げた後には新婚旅行に出かけてしまう2人も多いでしょう。
しかし、それでもプリザーブドフラワーなら何の問題も起きません。


変わらない愛を応援する気持ちを届けよう

夫婦のことは外野の人間があれこれ言うべきではありませんが、それでもやはりせっかく出会って、せっかく結婚し、せっかくお祝いした2人が別れてしまうのは寂しいですよね。喧嘩しても変わらない愛情を応援したい気持ちは身内でなくとも同じです。そんな気持ちを、何年経っても変わらないお花・プリザーブドフラワーならお届けできます。
また、純粋にどうせ贈り物するなら、すぐに捨てなきゃいけない生花よりは、長い間使ってもらえるものが良いという場合にもオススメです。